mysoarertown.com Cinema Diary(私の映画日記)                              2001.05 start/2005 02 01 renewal start

トップ  自己紹介  マイソアラ  登山トップ  ギャラリー  ブック  BBS リンク

マイソアラタウンはリンクフリーですが、予告なく閉鎖することがありますのでご了承下さい。

メッセージはこちらまで

copyrigrt(c)2001〜2004 shun1@ikeda All rights reserved

 Vol.45            マンマ・ミーア(2008年/アメリカ/東宝東和/108分)
■鑑賞日 2009.01.31(土) ■劇場名 シネマ太陽帯広
■作品データ
■監督 フィルダ・ロイド
■キャスト ドナ/メリル・ストリーブ、サム/ピアース・ブロスナン、ハリー/コリン・ファース、ビル/ステラン・スカルスガルド、ソフィ/アマンダ・セイフライド、スカイ/ドミニク・クーパー、ロージー/ジュリー・ウォルターズターニャ/クリスティーン・バランスキー
■ジャンル ミュージカル(コメディ)
■あらすじ

20歳のソフィは、母ドナが切り盛りするギリシャの小さな島のホテルで、スカイと結婚式を挙げる準備を進めていた。花嫁付添人として親友のリサとアリが来てくれ、母の大親友ロージーとターニャも到着した。そして母には内緒だったが、ソフィが招待状を送った3人、ビルとハリーとサムも。ドナはシングルマザーで、ソフィは自分の父を知らずに育った。 だが、式に父親に出席してもらいたいと願っていた。 そこで、母親の日記から自分の出生の秘密を探り、日記に書かれていた3人の父親候補を、母親に内緒で招待したのだった。一目見れば自分の父は分かると思っていたのに、全然ピンと来ない。おまけに、母も彼らが来ていることに気付いてしまい、パニックに陥ってしまう。結局、本当の父親が分からないまま、結婚式が始まってしまう。

■コメント

ミュージカル映画の出来を左右する「音楽」。マンマ・ミーアは1970年代から1980年代にかけて活躍したABBAのヒット曲22曲で構成されている。新曲を書き下ろすのではなく、既存のヒット曲を並べてストーリーを構成するというスタイルを「ジュークボックスミュージカル」というのだそうである。映画化こそ初めてだが、1999年から舞台公演されており、世界中でロングランヒットを飛ばしているという(日本では「劇団四季」が上演)。私の世代にとっては馴染みのグループABBA。彼等の音楽とアラシックス世代の踊りがどんなコラボレーションを見せてくれるのか、考えてみると、少し怖い気もするが(笑)、前評判も高く、ミュージカルファンとしては観ておくべき一本である。
舞台はギリシャのエーゲ海に浮かぶ小さな島のホテル。結婚式前日と当日の2日間,、母娘を軸にしながら、愛や友情を描いた作品である。ミュージカルといえば、スタイル抜群の美女や素敵なダンサーが登場するのが常識だが、前述したとおりこの作品に一般論は通用しない。メタボな中高年男女が歌い踊るのである。心の準備はしていたつもりだが、それでも、いきなりのメリル・ストリーブの踊りはショッキングで違和感が。しかし、時間の経過とともにそれは消え快感に変わっていく。考えてみると、59歳の彼女がスクリーン狭しと歌い踊ることはスゴイことで、役者魂を目の当たりにした思いである。彼女の親友ターニャとロージーのデコボココンビもコミカルでとてもいい。実質的には、メリルに次ぐ存在感を発揮していたといっていいだろう。それに比べると、父親候補のビルとハリーとサムは少々影が薄い。突然、「あなたは私の父親」と告げられたら誰だって狼狽するに違いない。動揺や混乱、そして、親としての責任を放棄した後ろめたさ。多分に役柄上のものだが、やはり女性のミュージカルである。唯一、ピアーズ・ブロスナンがラスト近くで下手な歌を披露するのが御愛嬌である。一方、娘のソフィは結婚を直前に控え眩いばかりの美しさだが、まだ見ぬ父に逢いたいという複雑な気持ちが影を落とす。ドナはドナで、ピアーズ・ブロスナン演じるサムに「やり直そう」と迫られた時に、「もう終わった」と、自らの愛情に決別する。これらは映画の中で、狂喜乱舞の対極にあるシーン。母と娘の愛情や心の揺れを描いたそれで、笑いだけでなく目頭が熱くなったりもするのである。108分のミュージカルはアッという間にエンディングを迎える。母親と一緒にヴァージンロードを歩くソフィ。スカイとの結婚式が今まさに始まろうとした時にドンデン返しである。この部分は観てのお楽しみだが、あえて言うなら嬉しいそれである。
このミュージカル、ABBAサウンドとの相性も最高である。私の若い時代とも重なるこのグループ、登場する曲はどれもおなじみである。最初から最後まで靴が、指先が勝手にリズムを刻んでいました。中でも、ドナとターニャ、ロージーがステージ衣装をきめて歌う「ダンシング・クィーン」は圧巻でした。メリル・ストリーブは「今宵フィッツジェラルド劇場で」で歌唱力のあるところを見せていたが、彼女の味のようなものが出ていた。もう一人、ソフィ役のアマンダ・セイフライド、可憐な美しさに加え歌も上手である。エンドロールで流れる「Thank You For The Music」は素敵だった。
映画を見ていて感じたことは、役者さん達自身が「楽しんでいた」のではないかということである。事実、主演のメリル・ストリーブはインタビューに「楽しい経験をさせてもらいお給料まで貰って申し訳ない」と答えている。その楽しさが私達に伝わり、エネルギーとなる。たぶん、小さな破綻もあるのだろうが、それを補って余りある元気あふれるミュージカルだった。中高年主役のミュージカルだから当然だが、彼等・彼女等がどこかの人達のようにくたびれていない。肉体的な衰えは隠しようもないが、知恵があり経験に富む憧れの世代として描かれている。それが嬉しい。
それと驚いたことがもう一つ。エンドロールが終わり場内が明るくなるまで誰も席を立たなかったことだ。余韻に浸り席を立ちたくなかったに違いない。嬉しいことに、私の隣の若い女性2人が「良かったねェ〜」と話している。アラシックス世代でなくても楽しさを理解してもらえて我がことのように嬉しかった。これぞエンタテイメントである。

 Vol.46            ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年/アメリカ/ワーナー・ブラザース/167分)
■鑑賞日 2009.02.16(月) ■劇場名 シネマ太陽帯広
■作品データ
■監督 デヴィッド・フィンチャー
■キャスト ベンジャミン・バトン/ブラッド・ピット、デイジー/ケイト・ブランシェット、クイニー/タラジ・P・ヘンソン、トーマス・バトン/ジェイソン・フレミング、エリザベス・アボット/ティルダ・スウィントン、ガトー/イライアス・コティーズ、キャロライン/ジュリア・オーモンドキャロライン・ボタン/ジョーアンナ・セイラー
■ジャンル ドラマ
■あらすじ

1918年、ニューオーリンズでひとりの男の子が産まれた。しかし、生まれながらにして80歳の老体で生まれた彼を恐れた父親はとある老人養護施設の前に置き去りにしてしまう。施設で働く女性クイニーの目に留まった彼はベンジャミンと名付けられるが、医者は長くは生きられないという。それでも彼は多くの愛情を受けながら育っていく。そしてまた彼の身体には不思議な変化起こってくる。成長するにつれ、髪は増え、皺が減り、曲がっていた腰や背筋も次第に真直ぐに伸びていくのだった。つまり、彼は年と共に若返っているのだった。施設で出会った少女デイジーとの運命的な再会と結婚、順風満帆に見えたベンジャミンの人生だったが、自分の子供が生まれるに及んで重大な決断を迫られることに‥。

■コメント

老人として生まれた子供が、成長するにつれ若返り、赤ん坊として死ぬ、そんな主人公ベンジャミンの生涯を描いたこの映画は、TVなどでも紹介されているので多くを語る必要はないだろう。死を間近に控えた老女にせがまれ、娘が日記を読むことでベンジャミンの生涯が明らかになっていく、という流れである。例えば、「シザー・ハンズ」や「タイタニック」「マディソン郡の橋」などと似たような手法である。目新しくはないなあ、と思っている内にショッキングなシーンを観ることになる。時を逆に刻む大時計、息子を戦争で失った時計職人が、愛する息子が生きて帰ってきて普通の生活歩む、そんな強い願望と戦争に対する怒りを込めて造られたものだった。勿論、それで息子が生還するはずもないのだが、子を思う親の心情や絶望感が痛いほど伝わってきたものである。映画評論家の淀川長始は「最初のシーンが肝心」といったが、この冒頭部は秀逸である。
さて、映画の核となるのはベンジャミンとデイジーの恋物語である。老いて生まれ若くなっていくベンジャミンと普通に生まれ老いていくデイジー。ふたりに接点が、ましてやロマンスなど生まれようもないのだがこれがしっかり成立する。それは人智を超えた運命的な結びつきという他ない。ブラッド・ピッドもケイト・ブランシェットも、素晴らしいのCG合成と相まって幅広い年代をそつなく演じきっていた。特に、青年時代のベンジャミン=ブラビの目元の涼しさときたらどうだろう。感心するばかりである。紆余曲折を経て結ばれる2人だが、子供が生まれるに及んで、「赤ちゃん2人の面倒をみるのは無理」といって、静かに去っていくベンジャミン。愛する妻や子供と一緒に老いることのできない悲しさ、その心中は察して余りあるものがある。「普通」のことがどれほど素晴らしいことなのか思い知らされる。そしてもう一つ。時計の進み方がどうあれ、物事は常に変化し続け、止まることはないということだ。勿論、人の容姿も心もである。だからこそ、今この瞬間を大事にしなければならないのだと思う。
ベンジャミンの人格形成を考える上で重要な役割を担う人物が何人か登場する。育ての親クイニー、船長のガトー、富豪夫人エリザベス‥。それぞれがベンジャミンに哲学や人生訓を伝え、夢や愛情を語る。いわば、人生の師である。クイニーは周囲の反対をよそに「神の思し召し」といってベンジャミンを我が子として育てる。彼女のこの行為は信仰心のなせる技なのか、彼女もまたベンジャミン同様特別なのかもしれない。クイニーを演じるタラジ・P・ヘンソンという女優さんは存在感ありました。また、富豪夫人を演じるのが昨年度オスカー(助演女優賞/「フィクサー」)を手にしたティルダ・スウィントン。出演シーンは少なめだったが、濃厚な演技ははまり役だったという印象である。身体に刺青がある船長のガトー。酔っぱらいで海千山千のイメージだが、芸術を語り、戦争になれば国のために闘う、ベンジャミンならずとも惹かれる存在である。映画は、ベンジャミンとデイジーの関係を軸にしつつ、彼等・彼女等との出会いから別れまでを丁寧に描いている。このことが映画にインパクトと重層感=深みを与えているように思う。主演のブラッド・ピットは本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされているが、作品そのものの高評価と無縁ではない。
愛するデイジーの腕の中で赤ちゃんとなって逝ってしまうベンジャミン。彼の日記に癒されながら最期を迎えるデイジー。そして、日記を読む娘の父が実はベンジャミンであること。愛の物語はいつも意外な結末を見せてくれる。
ブラッド・ピットについて少々。私の場合、甘いマスクや格好の良さを売りにした映画は観たいと思わない。やはり、役者さんは「演技して幾ら」の世界であり、ブラッド・ピットの出演作品としては「バベル」や「セブン・イヤーズ・イン・チベット」「リバー・ランズ・スルー・イット」「セブン」などが印象に残っている。マスク頼みの役者ではないことは分かっていたが、静かな熱演ぶりは演技派としても充分に通用するものだと思う。ケイト・ブランシェットについては予想どりで特筆すべきものはない。先生役、女王役、新聞記者役‥、オールマイティの役者さんだが、どちらかというと「強い女」を演じると巧いようだ。